So-net無料ブログ作成

<韓国技術不足>兵器の優劣は〝国力〟がもの言う…韓国はレーダー〝自力開発〟できず 英国600円PCが世界に衝撃-海外旅行自力旅 [中国、韓国の「歴史捏造」「反日」及び「経済」関連]

Image.png
クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機=28日、フィリピン・ルソン島(共同)


 日本の戦闘機や戦車など防衛装備品の性能が世界の最先端クラスなのは、「国(民間)の科学技術」というベースに負うものだ。しかしこの地位は将来、失われるかもしれない。英国で11月26日、子供用のパソコン「ラズベリーパイ・ゼロ」が、わずか5ドル(600円)で発売され、世界のIT(情報技術)界に衝撃が広がっている。携帯ゲーム機(約2万円)の30分の1の価格で買える「本物のコンピューター」は、世界を変える可能性を秘めている。(岡田敏彦)









見た目は悪いが

 ラズベリーパイ・ゼロは縦3センチ、横6・5センチで、基板上に電子部品がむき出しとなっている。もちろんこれだけでは使えずキーボードやマウス類が必要だが、こうした周辺機器は家に眠っている旧式のコンピューターから流用すればよいという発想で作られている。モニターにはテレビを使い、ケースは菓子の空き箱やタッパーでも使ってくれというスタンスだ。

 価格は英国で4ポンド、米国で5ドル。一般的なパソコンとは大きさも外見も異なるが、512MB(メガバイト)のメモリーはスマートフォンのアイフォーン4Sと同容量で、機能的にはまさしくコンピューターだ。LEDの点滅やモーターの回転制御、各種センサーの利用といった簡単なプログラムから、自作したロボットの操作やスマートフォンとの連携も行える。人気ゲーム「マインクラフト」を遊べるうえ、そのプログラムを書き換えて、ゲーム内容を発展させていくことも腕次第だ。


原点の風景

 パソコンが日本の一般家庭に普及し出したのは、昭和54年ごろとされる。ディスプレーは8色、記憶媒体はカセットテープで、自分でプログラムを書き込むことが必須だった。

  ゲームセンター誕生の契機となったゲーム機「スペースインベーダー」の登場は前年の昭和53年。任天堂の「ファミコン」は4年後の昭和58年の発売。当時 はパソコン用のゲームも販売され始めたが1本3~4000円と中高生がそうそう買えるものでもなく、自分で数日かけてプログラムを打ち込むのが通例だっ た。

 専門誌ではゲームプログラムの紹介が人気となり、ユーザーは写経のごとく打ち込んでいくうちにBASICなどのプ ログラム言語を理解していったものだが、日本では「理系の人たち」だけの世界だったといえなくもない。昭和54年、代表的なパソコンだったNEC 「PC8001」の定価は16万8千円で、大卒の初任給は10万9500円。子供が容易く買えるものではなかった。


ブラックボックス

 総務省の調べでは、パソコンの世帯普及率は75・8%。スマートフォンは同49・5%(いずれも平成24年末)。パソコンは身近な存在となったが、一般には身近どころか「ブラックボックスと化している」との指摘は少なくない。

 小中学校の「パソコンの授業」で習うことは、編集ソフトを使った学級新聞の作り方や、表計算ソフト、メールソフトの使い方など だ。また子供用のコンピューター学習玩具として一般的なのは、タブレット端末を赤や黄色のプラスチックで装飾したもの。これらは液晶のタッチパネルの使い 方を学べるし、内蔵ソフトで漢字を覚えたり、算数を学ぶこともできる。だが、コンピューターの仕組みを学ぶこととは縁がない。

 電子レンジの使い方を覚えることと、電子レンジの作動原理を理解すること、そして電子レンジに内蔵されているマイコン(マイクロコントローラー)のプログラムの1行1行がどんな制御を担っているのかを理解することはそれぞれ別だ。


仏作って…

 プログラムを書かれたチップ(電子部品)は、いまや電気で動くほぼ全ての製品に内蔵されているといってもいい。その重要性は、軍事の世界では韓国が端的に示した。

 次期戦闘機(KFX)の開発にあたって、韓国政府は今秋、新型のAESAレーダーの技術を提供して欲しいと米国に求めたが、あっさり断られた。直後に韓国の国防科学研究所は「すでに自力開発している」と反論し、国民に向けて「完成した新型レーダー」を公開したが、実際に完成していたのはハードだ け。レーダーの電波信号を分析し、距離や方向などを的確に表示するためのソフトウエア(プログラム)はできておらず、米国や欧州各国に協力を求めたものの、いまだ開発のめどは立っていない。いくらハードが完成しても、ソフトがなければ「仏作って魂入れず」だ。






Image.png
わずか5ドルで発売されたラズベリーパイ・ゼロ(英国ラズベリーパイ財団HPより)

5ドルの意味

 「ゼロ」を開発した「ラズベリーパイ財団」が、最初の製品「ラズベリーパイ1モデルA」を発売したのは2012年2月。主に学校で使う教材として開発、25ドルで販売し、計約450万台を売る大ヒットとなった。

  その後「A+」や「B」といった新型が発売され、今年2月にはCPU(中央処理装置)の性能を上げた「2モデルB」を35ドルで発売した。日本でも 5000円前後で発売され、人気を集めている。同財団は高性能で価格も上がった新型を出したのだが、一方で初心を忘れず、より多くの子供たちが気軽に扱え る低価格版の「ゼロ」を発売したというわけだ。

 わずか5ドルという値段は、新興国や、貧困層が多い国の子供たちもコンピューターが持てることを意味する。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、英国ウエールズ州南部の工場で生産された2万台は即売り切れ、追加注文が殺到しているという。

  ラズベリーパイとは機能が異なるが、同じくプログラミングや電子工作を学べる「アルドゥイーノ」はイタリア発祥で約3000円。米国のオークションサイト 「イーベイ」ではコピー品が送料込み3・5ドル(約420円)で売られており、注文すると中国の深セン市から送られてくるという。

 こうした製品が、パソコンメーカーのひしめく日本や米国ではなく、英国やイタリア、果ては中国で企画、製造され、爆発的に売れている事実は軽視できないだろう。

  日本でもBASICプログラミングに特化した「子どもパソコン IchigoJam(イチゴジャム)」や、アルドゥイーノより高性能な 「GR-SAKURA」などが開発、販売されているが主流ではない。イチゴジャムやラズベリーパイを使ったプログラミング教育を行っている小中学校もわず かだ。

 ラズベリーパイの愛好家が集うHPでは、海外の小中学生が力作のプログラムを公開している。貧しい生活のなか、5ドルのパソコンに 自分の将来をかけてプログラミングを学び、論理的な思考を身につけた世界の子供たちが大人になったとき、日本にも同じような人材が育っているだろうか。

韓国産T-50、インドネシアで曲技飛行中に墜落

2015-09-21-k003.jpg
出典:http://blog.goo.ne.jp

ンドネシア空軍が運用中の韓国産T-50高等訓練機1機が20日、現地で墜落し、パイロット2人が死亡したと、インドネシア空軍当局が明らかにした。

インドネシア空軍のバダルマント報道官は「ジョグジャカルタのエアショーに参加したT-50が空港付近の住宅街に墜落した」とし「パイロット以外に地上では人命被害がなかった」と伝えた。墜落の原因に関し、バダルマント報道官「まだ結論を出すのは早い」と言及を避けた。この日の事故は特殊飛行チームの曲技飛行中に発生した。

韓国航空宇宙産業(KAI)は2013年からインドネシアに16機のT-50を輸出した。インドネシアはこのうち8機を特殊飛行チーム「ブルーイーグル」の曲技飛行用として使用している。KAIが米ロッキードマーチンの技術支援を受けて開発したT-50は超音速を出せる世界唯一の訓練機。インドネシアの16機を含め、イラク・フィリピン・タイなどに56機を輸出した。

KAIはT-50の性能を改良し、2017年に機種を選定する米国の高等訓練機(T-X)入れ替え事業に参入した状態だ。17日には朴槿恵(パク・クネ)大統領が出席した中で、慶尚南道泗川(サチョン)で輸出型T-50公開記念式も開かれた。当時、朴大統領は「今日は大韓民国初の超音速高等訓練機T-50がT-Xに生まれ変わる意味深い日」とし「輸出350機、10兆ウォン(約1兆円)規模と予想されるT-Xの米国輸出が成功すれば、産業波及効果は7兆3000億ウォン、雇用創出は4万3000人規模になるだろう」と期待を表した。

しかし今回の事故がパイロットのミスでなく機体の欠陥によるものと確認される場合、T-X事業進出に影響を及ぼすという指摘が出ている。KAIの関係者は「訓練機を軽攻撃機(FA-50)に転換して使用するほど現在まで最も安定した訓練機と評価されている」とし「事故の原因について何かを話す段階ではない」と述べた。

軍の関係者も「韓国空軍もT-50を改造して特殊飛行チームで使用しているが、まだ機体の欠陥は見つかっていない」と述べた。航空機事故の場合、パイロットとの交信内容や航空機運航記録が残っているブラックボックスなどの分析に時間がかかる。


◆ ◆ ◆


先の記事『韓国空軍初の超音速訓練機が墜落、炎上真っ二つ』に詳しいですが、このところ海外輸出に頼ってきた経済発展が軒並みどん底に落ち込む韓国が最後の経済基盤にしている軍需産業の輸出に関して、やはり自国開発は無理なようです。戦闘機も真っ二つに折れてパイロットの方の命も犠牲になってしますし。

先日も別な記事インドネシアで曲技中の韓国産 T-50が墜落し同じくパイロットの方が犠牲になってます。
その事件も調査中となっていますが、韓国の兵器の信用度はとても世界の信用に耐えられるものではないのでしょう。
技術的に真似で中身は恐らくこの「ラズベリーパイ・ゼロ」の5ドル以下ということなのでしょうか?

この記事『法王もさじを投げるモラルの無いベトナム虐殺とレイプ犯罪国家・韓国に「追い銭」 軍事技術を盗み→いじり→壊し→「不良品」だと補償要求する韓国に米国がキレた』米国の信用を失って、技術移転されない軍用機では真っ二つになってパイロットの方の命は失われるばかりでしょう。
大きなビジネスとして軍需産業が最後の頼みなのでしょうが、それも慰安婦問題のような「捏造」では無理があるのでは無いでしょうか?

内容にあわせた関連記事

『韓国空軍初の超音速訓練機が墜落、炎上真っ二つ』
『法王もさじを投げるモラルの無いベトナム虐殺とレイプ犯罪国家・韓国に「追い銭」 軍事技術を盗み→いじり→壊し→「不良品」だと補償要求する韓国に米国がキレた』
『韓国の成長率見通し、OECDがまた引き下げ=韓国ネット「すべての原因はただ一つ」「次期大統領こそ信頼できる人を」』
『今度は韓国・光州「世界水泳」の返上騒ぎ…身分不相応、大甘計画で最後は国に泣きつくパターンばかり』
『元外交官で作家の佐藤優氏談話 「被害者は日本側」「韓国政府側に焦り」』
『反韓ムードが拡大? 日本で韓国食品“離れ”加速 キムチ、マッコリ、ラーメン…対日輸出額「激減」。靖国神社の池に中国国旗 いたずらか?』
『ついに「売春婦」事実認めた韓国教授を訴訟する捏造国家・韓国! ベトナム民間人虐殺、レイプ国家・韓国検察、元慰安婦の名誉毀損で大学教授を在宅起訴 「売春婦」の表現』
『「朝日の嘘は今世紀最大の嘘」「日本は虚偽の訴えを行う慰安婦問題に敢然と日本の立場を掲げて戦うべき!」ケント・ギルバート氏 「歴史戦」講演会詳細掲載』
『数千人のベトナム人の女性の人権を蹂躙!! 訪米中の朴大統領にベトナム戦争時に韓国軍兵士から性的暴行の謝罪求める』
『やはり真実を知る証人は実在した!「慰安婦狩りなかった」朝鮮総督府〝100歳生き証人〟が語る「強制」の虚構、事実ねじ曲げに憤怒』


2.png
セウォル号沈没事故当日の「空白の7時間」について、官民合同の特別調査委員会が調査を始める可能性が浮上している朴槿恵(パク・クネ)大統領
出典:http://www.sankei.com/









楽天で買い物するなら年会費無料の楽天カードを先に入ると ポイントで買えるのでお得だと思うので。詳細はこちらから ↓ ↓


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。