So-net無料ブログ作成

中国経済減速表面化始まる! 発表の7%割れにも懐疑の目 電力消費も落ち込み 「世界の市場」への失望感増す-海外旅行自力旅 [海外情報・ニュース・世界情勢など]

Image.png
出典:http://www.sankei.com/


世界経済にとって最大級のリスク要因となっている中国の景気動向がさらに不透明感を増した。四半期ベースで前年同期比GDP成長率を実質で6年半ぶりの7・0%割れの6・9%と発表したが、「この数字はなお政治的だ」と懐疑的にみる市場関係者も少なくない。







img_f2d1d993521a78f5e9f938bea54d834e543356.jpg
出典:http://toyokeizai.net


GDP統計と同時発表された9月の発電量は前年同月比3・1%マイナスだった。

省エネ技術が進んだとはいえ、製造業など産業を支える電力消費の落ち込みは、経済活動から力強さが削がれ始めたことを示唆している。

輸入が単月ベースで20%以上も落ち込んでいる中で、「世界の工場」から「世界の市場」へと進化するはずだった中国経済への待は失望に変わった。

 中国国家統計局の盛来運報道官は19日の記者会見の席上、「世界経済の変調で貿易が伸び悩んだほか、国内の構造改革がなお進行中なことなどが理由」と成長鈍化の理由を説明した。

 市場では「6・8%」を事前予想する声が多かったほか、26日から始まる中国共産党による「第18期中央委員会第5回総会(5中総会)」前後に、緊急の景気刺激策が打ち出されるのではないかとの期待も広がって株式市場は買われた。

 19日午前の上海総合指数は前週末終値比で0・5%上げて、節目の3400台を維持した。高度成長を求めず、成長鈍化路線にギアダウンするとの習近平指 導部による「新常態(ニューノーマル)」宣言の本気度を示したGDP統計を、期待感を込めて好意的に受け止めた。

ただ、都市部を中心に発展した中国経済の 成長余地は小さく、国際競争力も低下した。

高齢化で潜在的な成長力も落ち始めている。今後、不良債権問題のコントロールを誤れば金融機関や企業の経営破綻 が増え、雇用情勢も悪化する懸念がある。

中国経済の低迷は日本を含む国際社会の経済が打撃を受ける。中国の景気動向から片時も目を離せなくなってきた。



この数字でさえ本当の数字では無いと言うのが経済ニュースの大方の見方ですね。

鈍化どころではないでしょう。

他の記事を見るに、『大部分の証拠が、中国経済が大幅に減速したことを示している。電力需要の年間伸び率は、2014年の1月から8月までで4%を下回るなど、大幅に低下した。2008年の金融危機を除くと、記録したことのない低さだ。

電力需要の減少によって、国内の石炭産業が厳しい不況に陥り、多くの炭鉱が事実上破産した。住宅価格の低下も、景気の低迷を示す典型的な指標だ。ただし、主な住宅価格指標は、提示価格を評価するだけで、実際の販売価格を評価の対象としていないため、低迷の度合いを正確に評価するのは難しい』――――との見方をしています。


もう止まりようのない状況に陥ってるのは間違いないでしょう。

それでも撤退申請している日本企業の申し出に応じない中国政府の記事も眼にします。

早々にサントリーのように日本企業は撤退しないと、大変な事になるのは火を見るよりも明らかです。


















楽天で買い物するなら年会費無料の楽天カードを先に入ると
ポイントで買えるのでお得だと思うので。詳細はこちらから ↓ ↓



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。