So-net無料ブログ作成

海外旅行自力旅情報。世界のメディアや国連内部にも不満爆発! 国連事務総長、「歴代最悪」と世界中が酷評!  [海外情報・ニュース・世界情勢など]

潘基文・国際連合事務総長(「Wikipedia」より)
20150924-00010003-biz_bj-000-1-view.jpg




9月24日(木)11:26 yahoo!ニュースにこのような記事が掲載された。

『国連事務総長、「歴代最悪」と世界中が酷評 (Business Journal) - Yahoo!ニュース BUSINESS』


 国際連合事務総長である潘基文(パン・ギムン)氏について、「歴代最悪」と批評する声が世界的に多く挙がっている。







 その理由は、公正・中立の概念に著しく欠けると受け止められる言動がたびたびなされるためだ。国連憲章100条には、「事務総長及び職員は、その任務の遂行に当って、いかなる政府からも又はこの機構外のいかなる他の当局からも指示を求め、又は受けてはならない。
事務総長及び職員は、この機構に対してのみ責任を負う国際的職員としての地位を損ずる虞のあるいかなる行動も慎まなければならない」と規定している。すなわち、公正・中立が求められている。 

潘氏は、9月3日に中国北京で行われた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードに出席した。

これに対し日本の外務省は、国連に対して「中国の記念行事は、いたずらに過去に焦点を当てるものであり、国連としては中立的な姿勢を示すべきだ」と抗議した。 
また、自民党の萩生田光一総裁特別補佐は、「ワールドカップ・サッカーの『審判長』が特定の国の決起大会に出たようなものだ。あってはならない話だ」と批判。さらに、潘氏の出身国である韓国についても「国連の事務総長を担えるだけの国ではなかったということを国際社会が見抜いたのではないか」と私見を述べた。 

このような日本側の抗議に対して潘氏は、「国連は中立的な機関ではない」と反論した。
「数人の国連メンバーから同様の懸念を受けた」と認めつつ、「過去から学ぶことが重要であり、歴史から学ぶことでより良い未来を期待することができる」「国連を『中立的な機関』と誤って捉えている人がいるが、ある意味では『中立な機関』にはなりえない」「国連は公正・公平な機関だ」と強調し、自己の行為を正当化した。 

潘氏はこれまでにも、歴史認識で日本に反省を求めるなど、日本に対して敵対的ともいえる発言を繰り返している。そのたびに、日本政府は「中立を守るべき立場の事務総長の発言として適切か」などと非難する声明を出している。

●国際的低評価の潘氏 潘氏に批判的なのは日本だけではない。

軍事パレードへの出席に対しては、各国の識者や国連職員からも非難の声が上がっている。

2012年にシリア国内で大虐殺が起こった際には、なんら特別な措置を取らなかったことに対して、米ニューヨークタイムズ紙は『潘基文は一体どこにいるのか』と題する記事の中で「潘基文事務総長も国連もシリア国内の大虐殺を止めることに関しては、まったく無力だった」と失望感をあらわにした。さらに「国連史における最悪の事務総長というレッテルを貼られてしまった。“無力な傍観者”“どこにもいない男”というありがたくない形容も枚挙にいとまがない」と酷評された。

それだけではない。

ノルウェー国連大使は「(潘氏は)やる気と学ぶ意欲に欠けているせいで、多くの交渉で影響力を発揮できていない」と批判。10年に国連内部監査部のトップが退任する際には、潘氏に対して「あなたの行為は嘆かわしいばかりか、真剣に非難されるべき」「国連事務局は腐敗の道をたどっている」といった内容の抗議文書を送りつけている。

 国際的人権組織ヒューマン・ライツ・ウォッチは、11年の年次報告書において、潘氏について「人権侵害を繰り返す国々の中で、国際的な地位がそれほどでもない国々に対しては強い批判を口にするが、中国のような大国に対しては何もしない」と批判した。

 このように、国際的な評価は極めて低い潘氏だが、反して韓国国内では高い人気を誇る。「次期大統領として期待する人物」という各種メディアの調査では、25~30%という高い支持率を得ていずれもトップとなっている。そのため、与野党ともに潘氏を自党に取り込もうと水面下で動いているとの報道もある。

 国際的に低評価であっても、反日姿勢を貫くことで韓国国民の人気を得ていることがわかる。うがった見方をすれば、潘氏の“中立ではない”行動の数々は、事務総長退任後を見据えた人気取り政策なのかもしれない。


上記のような記事が掲載されましたので、目にされた方も多かったと思います。


もはや国連の代表としての自覚はないと思われないでしょうか?

いつから国連は日和見主義の機関になったのでしょうか?

いや、この代表がやっている間はもう行動を起こすことはないのでしょう?

国連内部からも避難され、『やる気と学ぶ意欲に欠けている』と評された人物は、どこを向いて行動しているのでしょうか?

シリアや中東で戦火の中で苦しんでいる人々の大量虐殺が繰り返される最中、中国一国に軍事パレードに出席をするその神経を疑います。

抗日を掲げるパレードに出る事が公正・中立を詠う国連の代表が行うべき事なのでしょうか? どこにそんな事している暇があるのだと、国連や世界中のメディアが報じています。

自国の時期大統領の椅子の為にしたパフォーマンスなら、今いる職を辞してもっと活動の出来る、現在の世界に必要な事を出来る、少なくとも自分を律してやろうとする考えのある方が世界にも、国連にも五万と居るはずです。どうぞ、パフォーマンスや大国に何も言えないで居るのは自国に帰って行った方が良いとは思いませんか。

世界はそれほど腐っては居ません。

このような国連の『公正・中立である』という大原則も守れぬ人が、やっていては世界が破滅します。

手遅れにならないように、世界もこのままではダメだと思います。

今すぐ行動を起こさなければいけない世界の紛争は数限りないでしょう。その為に国連に入った方たちが悔しい思いをされてると思います。

地に落ちた国連の名声は、どのように開封されるのでしょうか……。


「国連史における最悪の事務総長というレッテルを貼られてしまった。“無力な傍観者”“どこにもいない男”というありがたくない形容も枚挙にいとまがない」ー、米ニューヨークタイムズ紙が掲載したこの記事や、

潘氏に対して 「あなたの行為は嘆かわしいばかりか、真剣に非難されるべき」「国連事務局は腐敗の道をたどっている」といった内容の抗議文書 を、2010年に国連内部監査部のトップが退任する際に送った事実――――。

このようなレッテルを張られてもなお、どう考えているのでしょうか。

内戦に苦しんで国を出ていくシリアや中東の国々の人々を見ている現在、国連が行動を起こすのを世界は待ち望んでいるのではないでしょうか……。








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。